FC2ブログ

湖畔の茶室

妄想やらなんやらを書いて溜めていく所。

愛媛ツーリング忘備録 一日目、二日目


実はなんですけど、僕がブログを持とうと思ったきっかけは日本一周系のブログを見て触発されたからで、「いつも通りtwitterに忘備録を上げてもいいけど、まぁ昔の僕の意志を供養してやろう」という機運が勃興したのでこうして書くことになった次第です。

近頃特に何のブログなのか説明がつかなくなること山の如しですけど、元々の話なんで気にせずやります。

出発は三原。まぁ三原で輪行を解くのは目立ちすぎて本意では無いのでちょっと外しましたが、結果的には三原でよかったです。結構田舎。
15398483550.jpeg


で着いたのは三原城、てか駅から歩いて行ける距離です…ケンケンでも行ける距離です。いやしませんでしたが。


歴史好きな人なら驚くでしょう。好きじゃない人はまぁ、雑学だと思って下されば。



天主台、ですよ。

例えば彦根城、大阪城江戸城名古屋城等々…には天主閣はありません。

「いや、あるでしょ。お前の目は節穴なのか。じゃああれはなんなのか」

そういう人もいるでしょう。

15398485760.jpeg

これは何なのか。これは天守閣です。



天(皇)を守る閣、か、天の主の居る閣、では極めて大きな違いがあります。真逆ですらあるかもしれません。


だから天主閣を建てたのは織田信長だけであり、安土にしか無かった…というのが歴史の通説。



しかし天皇の臣下の徳川家に使える毛利家の分家程度の小早川家が、天主台を作るなんて馬鹿なことはあり得ないわけです。

僕は誤植だと思ってうろうろしましたが、どこにも「天主」の文字がならんでいます。

「不遜な…」と思わずにはいられません。

ちなみにいまちょいと調べた限りでは全く理由がわからず、小早川隆景には壮大過ぎる野心があったのか、誤記がひろまったのか、後世の人間が適当に名づけたのか…色々な可能性がありそうです。



あ、自転車旅の話でしたね。かなり興奮したので長くなりました。

15398494890.jpeg

三原老大は知らなかったですね。代ゼミの大学一覧には無かったとおもいます。国公立大は一通り見てたはずなんですけどね。

15398495940.jpeg

15398496180.jpeg


ド快晴なんで気分は良かったです。



そしてこの日のメインはゆめしま海道。
しまなみの近くにあるけど橋で繋がってないので観光でスルーされがちな場所であるが故に、交通量はゼロ、凡百の観光地にある媚びた感じも無い(と予想される)期待の場所です。


乗船!!三分ですが。

15398497310.jpeg


まぁ田舎とは言っても役場もありましたし、横浜もあるので結構都会でした。いや気のせいかも。

15398499060.jpeg



しかし綺麗ですね。西が海になっているとこういうのが毎日見れるのは羨ましいです。こんなん反則でしょ。
15398499220.jpeg



15398500890.jpeg
今回の宿は二食5-6000円の所なんですけど、まぁ総じてこんな感じです。家庭的ですね!!
家庭的過ぎて家じゃない?家ですよね。


朝起きて二日目もゆめしま海道からスタート。
15398502700.jpeg

朝日が目に沁みます…てかもう6:00過ぎないと太陽が出んのですね、この日は暑かったので一日半袖でしたが秋の足音を感じずにはいられませんでした。

15398502920.jpeg

しまなみよりかは大分橋が低い位置にあるので初心者向けかもしれません。


しまなみは橋が高い位置にあるので見た目より大変です。まぁ頭のネジの飛んだ自転車乗りなら問題ないですが、初心者にはちょいしんどいと思います。
下りも急ですしね。

行こう、ゆめしま海道!!

15398506620.jpeg

これがしまなみの橋です。結構高い。まぁ景色は良いのですが。


15398507270.jpeg


しまなみ、何年か前に大三島以北は行ったのですが正直あんまり評価してなくて、高速道路沿いに走ったからなんですね。

観光客は多いし車も走ってる、下手に媚びた店ばっかりとなんか興ざめでした。


しかし外周を走るとよかったです。離島の香りは微かに残ってるし、自転車なら簡単に行ける。
僕が行きたいのは↑こういう所であって、観光地化した「サイクリストの聖地」やなんやでは無いのですよ。(個人の感想です)


と、しまなみを再評価しつつ脱出。宿の隣の筋で祭をやってたので、ボケっと見てました。



15398512670.jpeg

15398512420.jpeg

15398512220.jpeg


写真を撮る時は近づかんとなんで別ですが、祭は屋台の切れた所から50m外れた所がベストポイントだとおもいませんか。


人間が浮かれている、笑っている、そういった情動は見たいけどその場に入っては居たくない。
疎外感を受け入れてでも僕は一人でいたいので、僕が自転車であちこち行くわけです。基本的には一人旅。 

自転車旅って結局孤独なので。それがいいんですよ。
まぁ、人恋しいくせに一人で居たがるのは自分でも面倒くせぇとおもいますが、そういう性格なので仕方ないことです。




宿ではブラジルで出版の経営をやってるっぽい人と話しました。僕は語学は全般に能力がゴミなのですけど、宿の方た堪能だったのでちょいちょい助けてもらいながら話しました。
まぁ一応意志疎通は出来るのでもういいや、という感じですね。

英語…語学が好きでない理由として、努力対効果が悪くないですかね。何年も英語勉強してアホのアメリカ人に劣る程度にしか学べないならその時間を使えばかなり高等な数学の勉強が出来るわけですよ。こっちの方がやる気出る。
僕は翻訳こんにゃく待ちなので。

宿泊費にお酒が入ってるプランでしたので頂きましたけど、税金で飲む酒は格別な味がしました。癖になりますね。



書いてたら長くなってきたのでここで一旦区切り。

では。

関連記事
スポンサーサイト

関連するタグ 仁志自転車旅行

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する